So-net無料ブログ作成
三毛猫ホームズの推理 感想 第7話 ブログトップ

三毛猫ホームズの推理 感想 第7話 [三毛猫ホームズの推理 感想 第7話]

三毛猫ホームズの推理 引き続き見てますか?
視聴率は、第6話が12.4%と12%台で落ち着いちゃってますよね^^;

ストーリーも後半戦に突入しているので
ガツンと数字上げて欲しいですよね^^

次回、5月26日放送分・第7話のあらすじと視聴率の推移を
後半で紹介してますので、是非ご覧下さい!



『原作:三毛猫ホームズの推理』

【送料無料】三毛猫ホームズの推理

【送料無料】三毛猫ホームズの推理
価格:580円(税込、送料別)





☆【視聴率の推移】☆

  第1話:15.9%
  第2話:12.1%
  第3話:12.7%
  第4話:13.1%
  第5話:12.9%
  第6話:12.4%



【あらすじ】

5月26日放送分(第7話)

放火事件が相次ぐ中、義太郎(相葉雅紀)と石津(大倉忠義)は
アパートの火災から老夫婦を救出。

そこに居た女性が他の放火現場にもいたことが判明し、
廃刊目前の週刊誌の編集長・令子(紺野まひる)と分かる。

義太郎が令子に話を聞くと、そのアパートが狙われていると通報したが、
警察が動いてくれなかったのだと言う。

そんな中、火災に遭った老夫婦が、
格安の住居を世話して生活保護費を巻き上げる‘囲い屋’の被害に遭う。


http://www.ntv.co.jp/mikeneko/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
三毛猫ホームズの推理 感想 第7話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。