So-net無料ブログ作成
とんび 堤真一 5話 ブログトップ

とんび 堤真一 5話 [とんび 堤真一 5話]

とんび 第4話の放送は続けてご覧に成りましたか^^
視聴率は、第4話が12.0%とイッキに数字を落としましたね^^;

次回、2月10日放送分・第5話のあらすじと視聴率の推移を
後半で紹介してますので、是非ご覧下さい。


『 とんび/堤真一 』





  ☆【視聴率の推移】☆

    第1話:17.0%
    第2話:16.1%
    第3話:16.0%
    第4話:12.0%




【あらすじ】

2月10日放送分(第5話)

1989年、高校2年生になったアキラ(佐藤健)は、
野球部のレギュラー入りの最終テストを控え、練習に励んでいた。

一方、海雲(柄本明)が入院。
照雲(野村宏伸)からがんで夏を越すのは無理だろうと
聞かされたヤス(内野聖陽)は、アキラに見舞いに行くよう促すが、
練習を優先させると言うアキラと口論になる。

数日後、ヤスは練習中のアキラが、
1年生の山本(大内田悠平)の尻をバットでたたく場面を目撃し、止めに入る。


『 とんび 角川文庫 / 重松清 』





http://www.tbs.co.jp/TONBI/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
とんび 堤真一 5話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。